まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避

まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避けるために充分に用心しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に身分や目的を開示してから公然と調査を行うことが多いです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると見てよさそうです。
飲食店などの領収証の記載には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と特定する材料となります。加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに確かめるようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、誰かほかの人と一緒にいたおそれがあります。
不倫した二人に慰謝料を要求しようとするのなら、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を突き付けられるようにしないといけません。しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、疑いようもなく誰にも認められる証拠を撮影してくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、整えて貰えます。
運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、常時、移動の内容を監視し続け、現在いる場所を把握したり、データログを後から読み出し分析することもできます。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
こうすることによって、パートナーの行き先や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありません。浮気調査から身辺調査、似たような仕事をしています。
ただ、違いをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です